荒川尚也 渓流グラス A

サイズ 口径約8.5 下径約6 高さ約9.5  容量170cc(8分目)


吹きガラスの基本的動きの回転運動によって、真円に近く仕上がったコップの口を
敢えて道具でリズミカルに潰していきながら作られる渓流グラス。
制作時のリズムによって様々な表情のグラスが出来上がっていきます。

ひとつとして同じものはない丹波の自然豊かな工房で生まれたグラス。
手に馴染むグラスを見つけたときの一体感は爽快です。

敢えて潰した口は、飲む場所によっても口触りが異なり
好みの場所を探すのも、また楽しいのです


購入数
Soldout